現役JDがFXで作った借金400万円を、全額返済目指すブログ(・U・)
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓記念にぽちでもしていってくれたらうれしい^^^^^^

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村
FX取引で損した借金は自己破産可能か?
可能です。ただし、借金がチャラ(免責)になるかは裁判所の判断によります。
ギャンブルでの免責は基本的に認められていませんが、本人の反省具合や事情によっては、認められるケースもあります。
実際に、免責が認められた判例があります。
免責の判断の際に重視されるのは、債務者の人柄と更正性になります。
更正する態度が真摯に受け止められたなら、免責を受ける可能性もあります。

そして、免責不許可事由にあてはまるからといって、自己破産をあきらめてはいけません。
少額管財という方法もあります。

管財事件が短期間で終わる見込みがある場合に、手続きの迅速化を図ることで、手間や費用を抑える制度です。
この場合の「少額」とは、債務額ではなく、予納金のことを指します。通常の管財事件では最低50万円以上になりますが、
少額管財事件では最低20万で済みます。また、期間も通常であれば長く、1年以上かかることもあるのですが、
少額管財事件ですと長くても2・3ヶ月で終わらせることが可能となります。
ただし、少額管財事件として扱われるためには、弁護士のような代理人が破産手続きの申立てを行う必要があります。
なお、司法書士の場合は本人申立てとして続きが行われます。
なお、この制度は東京地方裁判所など、一部の裁判所でしか行われていませんので、注意が必要です。

現在では,少額管財手続により免責不許可事由のある方でも免責が認められる運用となっており,2007年の免責不許可率は0.1%(千人に1人)となっているそうです。

もちろん、自分の欲で作った借金です。出来る限り自分で返してください。
自分への戒めとしても必死で働いて長い年月がかかろうと返してください。
ただ、本当にどうしようもなくなって死にたくなった時は、すぐに専門家に相談してください。
命を捨てる必要はありません。

スポンサーサイト
↓記念にぽちでもしていってくれたらうれしい^^^^^^

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ayacorin.blog54.fc2.com/tb.php/431-c4a51bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。